徒歩通勤する場合の交通費(通勤手当)で定期券を買うかについて

2018年10月21日

徒歩通勤、ウォーキング通勤をしている人は会社からもらっている交通費(通勤手当)はどういう扱いをしているのか気になると思います。

だいたい毎日徒歩通勤をしている私の現状をお話させていただきます。
参考になれば幸いです。

徒歩通勤時の会社支給交通費について

おそらくこのページを見られている方はサラリーマンで、徒歩通勤・ウォーキング通勤をこれからしたいけど、会社からもらっている通勤手当の分、定期券買わなければその分もらえるのではないか?とお考えなのではないでしょうか。

まず、僕の考えを申し上げます。おそらくこれがベストと思います。

交通費で定期券買って、徒歩通勤をする

浮くはずの一ヶ月の交通費、しっかりと購入します。

※規則として、定期券を買うために交通費が支給されているので、全日ウォーキング通勤するなら通勤手当自体の受け取りも拒否すれば一番堂々とできます。

徒歩通勤なのに通勤手当で定期券を買う3つの理由

私が定期券をしっかり買う理由を3つ挙げたいと思います。

そんな少額で会社と揉めたくない

トラブルが一番イヤですね。
せっかく仕事はまともに頑張ってるのに、何かの原因で定期券買っていないことがバレて気まずい思いはしたくありません。

就業規則によると思いますが、定期券買わなくても全然大丈夫な会社であれば問題ありませんが、だいたいの会社は定期券を買う前提で通勤手当が支給されています。

私の会社は就業規則に特に明記されていないので、そのへんよくわからないのですが、実際定期券を買ってなかったら経営者的には気分はよくありませんので、揉め事をゼロにするためにも堂々と定期券買いましょう。

雨の日や体調悪い日は電車を使える

徒歩通勤が辛い日もあります。足が痛い、体調悪い、大雨、台風、雪。

こんな日は電車で行きましょう。

そして一番重要なのが、帰宅時です。
徒歩が辛い時がすごくあります。疲れて歩いてる場合ではない時は電車乗りましょう。

そう考えると定期券あると気が楽ですよ。

堂々と徒歩通勤ができる

正直よくあるのが、会社の近くで同じ会社の社員に合うことです。
徒歩通勤してることがバレます。

意外にいろんなところで見られているのがこの狭い世の中。
こそこそ交通費稼ぎで徒歩通勤してるなんて思われたらダサいですよね。

僕は、「健康のためにたまに歩いてます」と堂々と会社で言っています。
そうやって堂々とできるのも、交通費をちょろまかしてないからです。

まとめ

会社によってルールは様々だと思います。

就業規則を確認したり、担当部署に聞いて見るのも手ですが、
そんな面倒なことをせず、定期券買ってしまうのが一番いいです。

ジムに通うよりお得でダイエットや健康増進、ロコモ対策にもなりますよ!