ウォーキング通勤(徒歩通勤)の4つのデメリット

2018年10月21日

https://sotonideyou.com/walkingcommute-merit/

こちらの記事でウォーキング通勤(徒歩通勤)のメリットを5つ挙げましたが、
物事は表裏一体なので、いくつかデメリットもあります。

僕が体験してわかったデメリットを正直にいくつか紹介します。

ウォーキング通勤(徒歩通勤)のデメリット

【気象問題】雨の日、寒い日、台風の日は少し面倒

まず「雨の日」です。

雨の日に長い時間歩くことが嫌な人は嫌ですね。
濡れますから。

大雨だと諦めて電車に乗ります。

でも、雨の日に街中を長い時間歩いたことが最近ありますでしょうか。
たぶん小学生のころとか、子供時代以来じゃないですか?
意外と雨の街を歩くのも悪くないんです。

色々な発見がありますよ!

次は寒い日

これも寒くて仕方なければ電車乗ります。

でも雨よりいいのは、歩いてると暖かくなってきます。
たぶん雨の日より全然条件いいです。

でも無理はしないように。

最後は台風の日

台風はもう状況次第ですね。

無理して健康のために徒歩通勤して飛んできた看板が頭にぶつかって怪我でもしたら意味ないですから。。

危険な日は電車乗るなり、休むなりしてくださいね。。

歩いたあと疲れて仕事にならない(人によっては)

これは健康と表裏一体ですね。
運動なので、多少は疲れます。

でも、ダイエットになりますし、トレーニングにもなります。

やはりほどほどの距離、時間で少しずつ実施していきましょう。

僕は片道30分なので非常にちょうどよいと感じています。

靴を選ぶことになる

オシャレな革靴、ビジネスシューズ、ヒールのある靴を履いて長時間歩くのは少し厳しいですね。

僕の場合はスニーカーかランニングシューズか、
アシックスが出してるスニーカーのような履き心地の革靴を履いています。

最近は履きやすい革靴もブームで、
見た目もかっこよくなってますので
これを機会に履いてみてはいかがですか?

徒歩圏内に住まないといけない

まあ徒歩通勤可能な時間も個人差ですが、
30
分から1時間くらいでしょうか。
職場からそのくらいの距離に住むことが前提になりますね。
少し家賃高くても、「時は金なり」ですから、
無駄な通勤時間をお金を買って短縮できたと考えれば
とても有意義なお金の使い方になるのではないでしょうか。

最近のIT企業とかでは職場の近くに住むと手当が貰える会社もありますね。
そういう制度がある会社にお勤めの方は是非徒歩通勤やってみてください。

もし遠い距離の方でも、会社までの数駅だけ歩いてみるというのも非常にいいですね!

まとめ

ウォーキング通勤のデメリットを挙げてみましたが、
どれもちょっとしたアイデアで解決可能なことばかりです。

あと、少しでも気分乗らなかったら電車に乗る

これでいいと思います!

メリットを書いた記事もぜひよろしくおねがいします。

https://sotonideyou.com/walkingcommute-merit/